ホテルの選び方|リゾートで羽を伸ばす秘訣

様々なタイプの宿泊施設

そのサービス内容とは

部屋

国内でも有数のリゾート地である与論島には、様々なタイプのホテルが存在しています。
その多くが小規模の旅館やペンションで、最近では独立したコテージを持つホテルも登場しています。
それぞれにサービス内容が異なるため、これから与論島への旅行を考えている方のために詳しく説明していきます。
与論島にある大きめのホテルには、宴会場やカラオケ設備が完備しています。
そのため、会社の慰安旅行など大人数で利用することができます。
また、それぞれの部屋に各種アメニティが用意されているため、あまり旅行荷物を増やしたくないという人に最適です。
希望すれば、港や空港までホテルのバスで送迎してもらうこともできます。
アットホームな雰囲気を味わいたい場合には、小規模な旅館や民宿が適しています。
ここでは地元スタッフとふれあう機会が多く、手厚いもてなしを受けることができます。
また、お風呂や食事スペースなど共用になっているため、他の宿泊客との交流も楽しめます。
一人旅などで他に同行者がいない場合でも、賑やかに過ごすことができる宿泊施設です。
与論島にあるホテルで若い人を中心に利用者を増やしているのが、独立コテージ型のホテルです。
部屋が完全に独立していることから、プライバシーがしっかりと守られます。
そのため、カップル旅行や家族旅行で利用する人が多いのが特徴です。
いずれのホテルも、与論島最大の観光スポットである海までの距離が近く観光に便利というメリットがあります。
観光地のガイドなど、その他にも様々なサービスが提供されています。

絶景の宿泊地

ホテル

与論島は大きな島ではありませんが、癒しの島とも呼ばれるほどの絶景の海や自然を見ることができる、鹿児島県の小さな島です。
そして与論島は、ギリシャにあるミコノス島と姉妹都市となっており、そのギリシャにあるエーゲ海をイメージした施設が設置されております。
鮮やかな白と青のコントラスト、その建物は見るだけでアートな世界に引き寄せられ、日本にいるとは感じられないほどの日本離れしたデザインが並んでいます。
白い建物は海の色に見事染まるように建てられ、真っ白なのにまったく違和感なく見えるのです。
快晴の空となれば海は本当に絶景です。
マリンブルーの鮮やかな青色は、見ているだけで嫌なことを忘れさせてくれるような気分になるという人が多く、泳ぐのも良いですが、泳がなくても景色を見ているだけで十分満喫できるといいます。
その与論島を堪能するのであれば、ホテルも良いところを見つけてとまりたいと思う人は多くいます。
与論島の美しい海を眺めることができるホテルはいくつもあり、宿泊するところによってはおいしい与論島独特の食材を使った料理を食べることができるカフェやレストランが、付近に用意されているところもあります。
もちろんホテルが料理を用意してくれるところもあり、郷土料理を用意してもてなしてくれるホテルもあります。
良いホテルを探すために、まずインターネットで検索し、用意されているのであればホテルのホームページにアクセスして、どのような部屋か環境なのかを確かめながら、泊まるところを選ぶと良いでしょう。

きちんと精査しよう

ベッド

旅行をしていて長く過ごすのがホテルなどの宿泊先です。
そのため、旅行の印象が宿泊先で大きく変わったりもします。
与論島に旅行を計画する時もどんな宿泊施設があるのか、その特徴はなど、宿泊施設についてよく調べておくのが、より満足度の高い旅行にする秘訣といえます。
与論島は美しい海に囲まれた周囲約23キロの小さな島なので、都会みたいに多数の宿泊施設があるわけではありません。
静かな島の佇まいに溶け込むようなホテルやペンション、民宿などの宿泊施設が点在しています。
ホテルの種類としては、南国リゾート気分が楽しめるリゾートホテルがあります。
リゾートホテルはほとんどが海に面していて、目の前には専用のビーチがあるので、部屋から水着のままで行き来が出来ます。
マリンアクティビティで遊び疲れたらデッキチェアに寝そべって、エメラルドグリーンの海を眺めながらのんびりと過ごす南国スタイルに合っています。
スパやアロマテラピーを利用してリフレッシュも出来たりもします。
宿泊先はただ寝るだけでOKという旅行者にはビジネスホテルが最適です。
ビジネスホテルは整った設備の施設を格安の料金で利用出来るのが魅力です。
室内にはエアコン・バス・トイレはもちろん、無料wifiも完備されているので、何不自由なく快適に過ごす事が出来ます。
浮いた宿泊費をレジャー代や飲食費、お土産代に回せるので若い世代の方達に人気の施設です。
リーズナブルでアットホーム的な雰囲気があるのがペンションや民宿です。
与論島にはこのようなスタイルの宿泊施設が一番多くあり、どこでもサービスに工夫を凝らしています。
宿の人や同宿者と距離が近く、仲良くなれるのもこのような宿泊施設の魅力です。
海に連れ立って出かけたり、与論島名産の焼酎や肴を囲んでゆんたくしたり、星空を眺めてまったりしたり、思い出に残る与論島の休暇を満喫出来ます。

幻想的な海の景色を満喫

海中

沖縄県恩納村にある青の洞窟は、大変人気のある観光スポットのひとつです。その美しい景色はもちろん、シュノーケリングも楽しめることなども人気の理由となっています。シュノーケリングのツアーは初心者向けやファミリー向けなど様々なタイプがありますので、興味のある方はぜひ挑戦してみましょう。

もっと読む

海で手軽に楽しめる

魚

沖縄のレジャーメニューとしてシュノーケルが挙げられます。道具は現地で簡単に揃うので、手軽に楽しめる事がメリットです。シュノーケルのツアーも多く、インストラクターに案内してもらえるので安心して楽しめます。

もっと読む

様々なタイプの宿泊施設

部屋

リゾート地である与論島には、様々なタイプのホテルがあります。大きめのホテルには、宴会場などの施設が完備しています。アメニティも充実しており、希望すれば送迎も行ってもらえます。小規模な旅館や民宿の場合は、手厚いもてなしや人とのふれあいが魅力です。独立型コテージのあるホテルは、プライバシーが守られます。

もっと読む